「高級コスメ」使ってみたっ!!

POLA、ディセンシア、SK II といった高級エイジングコスメを写真付きでガチレビューしますっ!!

その他

化粧水・美容液・乳液・クリームの違い | それぞれの役割

更新日:

基礎化粧品それぞれの役割の違いを詳しく

まず、基礎化粧品それぞれの役割を確認していきましょう。

 

基礎化粧品で多くの女性が使っているのが、

化粧水、美容液、乳液、クリームだと思います。

 

それぞれの特徴・効能を見ていきます!

 

化粧水

主な主成分は「水分」です。

肌の環境を整える役割を果たします。

お風呂上がりや洗顔後は、洗顔料によって皮脂や汚れが落とされると同時に肌の水分も奪われます。

そこで化粧水を使って肌に水分を与え、適度な環境に戻す作業をするのです。

しかし、化粧水で水分を与えるだけでは保湿はできません。

なぜなら、化粧水には保護効果がありませんので、そのままではどんどん蒸発して逆に乾燥を招く恐れがあります。

よく、「保湿は化粧水だけです」という方がいますが、

それでは全く意味がないのです。

あくまでも一時的に水分を与えるまでのもの、であることを忘れないでおきましょう!

 

美容液

主な役割は「肌に栄養を与える」ことです。

化粧水の成分のほとんどは水分ですので、

そこに肌にとって必要な栄養分を与えることでスキンケア効果がさらに高まるのです。

肌の悩みは人それぞれですので、

くすみやシミが気になる方は「美白系」、

特に乾燥が気になる方は「保湿系」、

シワやたるみが気になる方は「エイジングケア系」

のものを使う、

といったようにより細やかなケアができるのが美容液の特徴です。

 

乳液

「油分によって保湿作用と皮膜を作る」役割を果たします。

この作用によって化粧水、美容液の成分を皮膚に閉じ込めることができます。

また、乳液には肌の角質を柔らかくして肌のキメを整える作用もあります。

 

クリーム

主に「皮膚にオイル膜を作り、さらなる保湿効果と皮膚の保護効果」を発揮します。

乳液と似たように感じますが、

乳液よりもさらに油分が多く保湿力が高いです。

夜の保湿は特に重点的にする必要がありますので、

夜はクリームまで必ず塗ることをオススメします!

 

目的別基礎化粧品の違いについて

化粧品売り場を見てみると、

さまざまな肌に特化した商品が売られています。

 

年齢や肌習慣、理想とする肌によって使うべきものが違うからです。

 

ここで、その基礎化粧品の違いについて探っていきたいと思います!

 

敏感肌用

敏感肌といってもさまざまな種類、症状があります。

 

共通していえることは、「不安定な肌」ということです。

 

少しの刺激でもヒリヒリしたり、

赤くなってしまったりする方は敏感肌である可能性が高いです。

 

敏感肌用の商品もたくさん販売されていますが、

普通の化粧品との違いは、

 

  • アルコールやメントールなどの清涼成分
  • 香料や着色料

 

こういったものが含まれていない、

もしくは少なくされている、という点です。

 

敏感肌に優しい「無添加化粧品」というものを耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

しかしながら敏感肌の方は、通常の肌よりも化粧品の合う合わないが極端で、無添加のものでも荒れてしまうこともあるのです。

 

ですので、敏感肌の方は是非とも最初から化粧品を一本買いするのではなく、

必ずテスターや試供品で肌に塗って試してから購入するクセをつけて頂きたいと思います。

 

乾燥肌用

保湿をして乾燥を防ぐというのはどの肌タイプの方にも重要なことですが、

特に乾燥しやすい肌をお持ちの方がいらっしゃいます。

 

そのような肌には、通常の保湿化粧品ではケアが足りませんので保湿に特化した成分を含んだものをお勧めします。

 

アミノ酸やセラミド入りのスキンケア化粧品が良いとされていますが、

ヒアルロン酸とコラーゲンが入ったスキンケア化粧品もおすすめです。


スキンケア初心者の方は、

セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンという3つの成分が主な保湿成分だと覚えておいてください!

 

もし店頭で迷ってしまった場合は、

成分表の中にこれがしっかり含まれているか、を確認しましょう!

 

ヒアルロン酸は、

たった1gに約2~6リットルの水分保持力があると言われています。

 

乾燥肌の方に特におススメなのは、

 

  • 加水分解ヒアルロン酸
    →従来のヒアルロン酸をさらに小さく分解したものです。分子がさらに小さくされていることで肌への浸透率が高いのが特徴です。

アセチルヒアルロン酸
→従来のヒアルロン酸に油分が加えられ、皮脂となじみやすくしたものです。油分が加わったことで従来のヒアルロン酸よりも保湿力が高いため「スーパーヒアルロン酸」と呼ばれることもあります。

 

美白用

美白系の化粧品も、成分をチェックしてから購入しましょう!

 

・ビタミンC誘導体…特に美白系美容液などで多く使われている成分です。メラニンの生成を抑える働きと、メラニン色素を還元する働き、さらに角質細胞へのメラニンの受け渡しを防ぐ働きなど多様な働きを持ち、肌に刺激も比較的少ないため、安心です。

・トラネキサム酸…外用・内服医薬品にも使用されている成分です。メラニンの活性化を防ぎ、シミやくすみにとても効果的です。

 

そのほかにもさまざまな美白成分はありますが、

刺激が強いものもありますので

 

気をつけて選んで頂きたいと思います!

 

まとめ

化粧水・美容液・乳液・クリームの成分と役割の違いから、

目的別基礎化粧品の違いについてもお伝えさせて頂きました。

 

共通して言えることは、含まれる成分とその役割についてしっかり把握し、

自分に合ったケアを心がけることだと思います。

 

美肌を目指して正しいスキンケアに励みましょう!

 

-その他

Copyright© 「高級コスメ」使ってみたっ!! , 2018 All Rights Reserved.