「高級コスメ」使ってみたっ!!

POLA、ディセンシア、SK II といった高級エイジングコスメを写真付きでガチレビューしますっ!!

その他

【成分とコスパで選ぶ】飲む日焼け止めのおすすめランキング (2018)

投稿日:

[toc]

パッと見 比較表!!

製品名 価格 コスパ
(1 日あたり)
有効成分

(1 日あたり)

主な成分
[BIHAKUEN] UVシールド 3,980 円 99 円 480 mg P.Leucotomos、ルテイン、ビタミンC、リコピン、ビタミンD、ビタミンE、プラセンタ、ヒアルロン酸
サンセーフRX 3,787 円 63 円 548 mg AntioxidineR、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛、セレニウムなど 
ヘリオケア・ウルトラD 5,064円   168 円  480 mg  P.Leucotomos、ルテイン、ビタミンC、リコピン、ビタミンD、ビタミンE
ヘリオケア・アンチオキシダント 3,368 円 56 円 240 mg P.Leucotomos
ヘリオケア・ウルトラ 4,047 円 134 円 480 mg P.Leucotomos、ルテイン、ビタミンC、リコピン、ビタミンE 
ヘリオケア・カプセル 4,092 円 68 円 240 mg  P.Leucotomos
ホワイトヴェール 7,560 円 252 円 125 mg

NutroxSun、グアバ、ホーリーバジル、セスバニア、レモン皮、アムラ、ベニノキ種子、プラセンタ、バラ、ザクロ、トマト、マリーゴールド、クチナシ、アーティーチョーク、ビタミンD

雪肌ドロップ 7,900 円 263 円 - NutroxSun、グアバ、ホーリーバジル、セスバニア、レモン、アムラ、アナトー、コラーゲン、ザクロ、トマト、リンゴンベリー、マリーゴールド
P.O.L.C.(ポルク) 9,800 円 326 円 100 mg  NutroxSun、フィッシュコラーゲン、リコピン、クロセチン、ルテイン、ザクロ、天然マルチビタミン

 

飲む日焼け止めとはどのような製品?

飲む日焼け止めとはどのような製品?

日焼け止めと聞き、「クリームやジェルを身体に塗る化粧品」とイメージする方は少なくありません。

 

しかし、近年では身体の内側から作用する飲む日焼け止めが流行っており、どのようなメカニズムで日焼け対策ができるのか見ていきましょう。

 

①サプリメントの中にニュートロックスサンフェーンブロックといった成分が入っている

②紫外線のダメージを抑えたりシワの発生に関わるA波を防ぐ

③同時に抗酸化作用の高い成分や美白成分が配合されている

④肌のターンオーバーを整えて生まれ変わりを促す

⑤シミやそばかすなどの肌トラブルのない美肌をキープする

 

塗る日焼け止めでは対応できない日焼けのダメージを軽減する働きと、メラニン色素の発生を防いでシミやそばかすを作られにくくする効果を持っています。

 

日本ではまだ知名度が低いものの、世界的に有名となったヘリオケアほんまでっかTVで取り上げられてから女性を中心に使用する方が増え始めました。

 

クリームやジェルとは違った飲む日焼け止めのメリットは?

クリームやジェルとは違った飲む日焼け止めのメリットは?

・海水浴やプールへと出掛けたいけれど日焼けが気になる

・肌が弱いから高い数値の日焼け止めだと肌荒れを起こす

・どんなUV対策が自分に合っているのか分からない

 

こういった悩みを抱えている方のために、以下ではクリームやジェルとは違った飲む日焼け止めのメリットについてご説明しています。

 

テレビ朝日のモーニングバードやNHKのためしてガッテンなど、テレビでは紫外線による日焼けの危険性について取り上げられるようになりました。

 

日焼け後の肌は想像以上にダメージを受けており、放置していると乾燥が加速したりシミとして残ったりと美容を妨げる原因となります。

 

そんな新たな方法で日焼け対策ができるサプリメントについて、メリットを見ていきましょう。

 

紫外線対策に有効な成分が含まれている

紫外線対策に有効な成分が含まれている

飲む日焼け止めの中にはコンビニで市販されているようなサプリメントとは異なり、紫外線対策に有効な成分が含まれています。

 

フェーンブロック:ポルポディウム属のシダ植物から抽出された抗酸化力の高い天然成分で、光老化やDNAの損傷を予防する

ニュートロックスサンシトラス果実ローズマリーから抽出された成分で、紫外線を60%ブロックできる

 

この2種類の成分が代表的で、臨床試験で紫外線から肌を守る効果を持つことが証明されました。

 

飲む日焼け止めで身体の内側から摂取を続けることにより、シミやシワなど肌の老化を引き起こす原因となる活性酸素の発生を抑制してくれるのです。

 

副作用のリスクがない

副作用のリスクがない

内服薬を服用するに当たり、眠気や倦怠感など少なからず副作用があります。

 

ドラッグストアで市販されている風邪薬や頭痛薬にも副作用のリスクがつきまといますが、飲む日焼け止めは自然由来の成分が入っているだけなので安全性が非常に高いのです。

 

・ニュートロックスサンもフェーンブロックも植物から抽出された成分

・美容成分として加えられているポリフェノールやビタミンも自然の抗酸化物質

食べ物と同じ成分がカプセルの中に凝縮されている

 

上記のような特徴があり、身体へと負担をかけることなく毎日飲み続けて内側からUV対策ができる点が大きなメリットだと言えるでしょう。

 

飲むだけで全身を完璧にガードできる

飲むだけで全身を完璧にガードできる

美肌を維持するために、手足や顔など念入りに日焼け止めを塗っている女性は少なくありません。

 

あくまでもクリームやジェルを塗った場所にしか効果を発揮しないのに対して、飲む日焼け止めは目安量を水や白湯と一緒に飲むだけで全身をガードできます。

 

・頭皮

・顔

・手足

・背中

 

これらの様々な部位が日焼けするのを防いでくれますし、頭皮などスキンケアが難しい場所の対策も非常に簡単です。

 

手軽に毎日の日焼け対策に取り入れられる

手軽に毎日の日焼け対策に取り入れられる

飲む日焼け止めは、手軽に毎日の日焼け対策に取り入れられるというメリットがあります。

 

・塗りムラや塗り忘れを防止できる

・小まめに塗り直さなくても良い

・1日の終わりに日焼け止めを落とす手間を省ける

・毎朝の肌のベタベタ感から解放される

・汗をかいた時の不快感が一切ない

 

こういった特徴があり、決められた量を飲むだけで紫外線のダメージから守ってくれるからこそ女性を中心に流行っているのです。

 

カプセルタイプや錠剤タイプのサプリメントが多く、粉末タイプとは違って持ち運んで外出中に飲むこともできます。

 

敏感肌や乾燥肌の人でも安心して使える

敏感肌や乾燥肌の人でも安心して使える

敏感肌や乾燥肌の人にとっては、塗るタイプの日焼け止めは厄介です。

 

紫外線防御指数のSPF(Sun Protection Factor)や紫外線A波から防御できるPA(Protection grade of UV-A)の数値が高ければ高いほど効果が期待できますが、刺激が強すぎて以下のような肌トラブルを起こすケースは少なくありません。

 

・肌がガサガサとする

・肌がヒリヒリとする

・肌が赤くなる

・痒くなって掻き毟ってしまう

・ニキビや吹き出物ができる

 

しかし、飲む日焼け止めは肌に直接塗るわけではないので肌荒れのリスクがなく、不快な症状で悩むことなく紫外線対策ができます。

 

専用のクレンジングは必要ありませんし、毛穴詰まりを防げるからこそニキビや吹き出物で悩まされることもないのです。

 

飲む日焼け止めのおすすめランキングをチェック!

飲む日焼け止めのおすすめランキングをチェック!

飲む日焼け止めと一口に言っても、現在ではインターネット通販で様々な種類のサプリメントが登場しています。

 

製品によって配合されている成分や効果は異なりますし、長く紫外線対策を行っていくためにも選び方には注意しなければなりません。

 

そこで、以下では飲む日焼け止めのおすすめランキングをまとめてみました。

 

・サプリメントの種類が多すぎてどれを選べば良いのか分からない

・前に飲んでいた飲む日焼け止めはあまり効果がなかった

・自分の肌質や体質に合う健康補助食品を探している

 

このような方はおすすめランキングを参考にして製品を選び、念入りに日焼け対策を行ってシミやそばかすのない肌を維持できるように努力してみてください。

 

1位 [BIHAKUEN] UVシールド

  • 価格: 3,980 円 (120 錠)
  • 99 円 / 日 (1 日 3 錠のとき)
  • 1 日あたりの有効成分: 480 mg (フェーンブロック)

[BIHAKUEN] UVシールドは、日焼け止めしながらホワイトニングがコンセプトの新しい飲む日焼け止めです。

 

「紫外線を防ぐだけでは物足りない」「美白サプリメントも欲しい」そんな女性の2つの願いを同時に叶えてくれるのがこの[BIHAKUEN] UVシールドです。

 

紫外線対策としてヘリオケアと同じ成分のフェーンブロックが使われており、

加えて美容成分として、ルテインビタミンCリコピンビタミンDビタミンEプラセンタヒアルロン酸など女性に嬉しい成分が盛りだくさんです。

 

紫外線を防ぎつつ、ホワイトニング効果も期待できる、今までのないタイプの飲む日焼け止めです。

 

[BIHAKUEN] UV シールドに含まれている成分

Polypodium leucotomos(シダ植物の一種)
古くからネイティブアメリカンにより、紫外線の保護作用や抗炎症作用などの働きで知られていた成分です。紫外線が原因で体内で発生し、老化を引き起こす活性酸素に働きかけます。ルテイン
ルテインは目に存在している抗酸化成分で、紫外線を含む有害な光が原因で発生する活性酸素に働きかけ、目をサポートするといわれています。アスコルビン酸(ビタミンC)
メラニンに働きかけ、シミそばかすを改善する働きがあるといわれています。

リコピン
抗酸化作用があることで知られ、美肌へと導く成分です。また、めぐりを良好にし、生活習慣の改善にも有用です。

コレカルシフェロール(ビタミンD3)
紫外線を浴びることで生成され、骨の形成やカルシウムの吸収に関与する成分です。UV シールドは、紫外線を避けることで不足しがちなコレカルシフェロールを補給することができます。

ビタミンE
抗酸化作用で知られ、エイジングケアに適した成分です。紫外線から肌を保護し、シミやそばかすに働きかけることでも知られています。

プラセンタ
様々な栄養素を含むことで知られ、大注目の美容成分。健康サポートにも有用です。

ヒアルロン酸
保水力により、肌に潤いをもたらす成分。ハリと弾力のある肌へと導きます。

 

[BIHAKUEN] UV シールドの飲み方は?

外出の30分前を目安に 1 日 3粒を摂取します。

長時間日差しを浴びる際には、4 時間ごとに 3 粒を追加で摂取します。

 

「[BIHAKUEN] UVシールド」を購入できるショップはこちら。Check!

 

2位 サンセーフRX

  • 価格: 3,787 円 (60 錠)
  • 63 円 / 日 (1 日 1 錠のとき)
  • 1 日あたりの有効成分: 548 mg (Antioxidine)

サンセーフRX(SunSafeRx)はアメリカ発の飲む日焼け止めで、現在では日本でもネット通販を利用して購入できるようになりました。

 

このサプリメントの注目すべきポイントは全て天然の成分で構成されているところで、紫外線対策の成分だけでなく美容成分も豊富です。

どんな成分が含まれているのか見ていきましょう。

 

Antioxidine:特許を取得しており、紫外線からの防御と肌のハリを維持するコラーゲンの保持が期待できる

ビタミンA:目や肌を健康な状態で保って免疫力を向上する働きも持つ

ビタミンC:肌になくてはならない抗酸化物質で、シミの原因となるメラニンの発生を抑える

ビタミンE:アンチエイジングの代名詞で、不飽和脂肪酸が酸化して過酸化脂質を作り出すのを防ぐ

アスタキサンチン:ビタミンCの約6,000倍を誇る高い抗酸化作用を持っている

ルテイン:眼精疲労など目の健康に加えて紫外線による光老化から肌を守る

 

有効成分のAntioxidineは、製造元のNapa Valley Bioscience社からのみ取得できる特許取得済み成分であることもサンセーフRXの特徴となっています。

 

これらのバランスに気を配って配合されており、身体の内側から肌の免疫力を高めて紫外線による刺激から守ってくれます。

 

天然の成分がメインのサプリメントなので副作用はなく、アレルギーの原因となる大豆や香料なども排除されているので日々の日焼け対策の中にサンセーフRXを取り入れてみてください。

 

「サンセーフRX」を最安値で購入できるショップはこちら。Check!

 

サンセーフRXの正しい摂取方法は?

以下では、サンセーフRXの正しい摂取方法をまとめてみました。

 

・外出して紫外線を浴びる1時間前に1錠を飲む

・日差しが強い日は3時間に1錠を追加すると効果的

・妊娠中や授乳中の安全性は確立されていないので避ける

 

身体に必要な栄養素も含まれているので安全ですが、飲みすぎには注意が必要です。

決められた目安量を飲むことで紫外線のダメージから肌を守れるので、適量の摂取を心掛けましょう。

 

サンセーフRX の体験談

【サンセーフRX】塗る日焼け止めの時代はもう終了!

 

3位 ヘリオケア・ウルトラD

  • 価格: 5,064円 (30 錠)
  • 168 円 / 日 (1 日 1 錠のとき)
  • 1 日あたりの有効成分: 480 mg (フェーンブロック)

 

ヘリオケア・ウルトラDカプセル(HelioCare Ultra-D)は、スペインのCantabria社によって発売されました。

 

フジテレビのほんまでっかTVでも取り上げられたことのある飲む日焼け止めで、日本だけではなく世界30ヶ国以上で使われています。

 

ヘリオケア・ウルトラDカプセルにどのような特徴があるのか見ていきましょう。

 

・紫外線A波(UVA)を吸収して光老化から肌を防御するFernBlock(フェーンブロック)が主成分

・紫外線を防ぐことで失われやすく、健康な歯や骨を作るカルシウムの吸収率を高めるビタミンDが高濃度で入っている

・抗酸化力を高めるビタミンCビタミンE、活性酸素(フリーラジカル)を減らすリコピンが含まれている

 

フェーンブロックの主成分はPolypodium Leucotomosと呼ばれており、皮膚の奥へと届いて損傷を与える紫外線A波(UVA)を防御してくれます。

 

同時にビタミンリコピンなどの栄養素も豊富で、身体を傷付ける酸素の活性酸素をやっつけてくれるからこそヘリオケア・ウルトラDカプセルを飲み続けることでシミやシワの予防に繋がるのです。

 

・ヨーロッパでは25年間に渡ってアトピー性皮膚炎の人に使われている

・植物成分や食べ物の栄養素が中心なので副作用のリスクがない

・海外で製造された製品ながらも日本で認可されている

・4歳以上の子供であれば摂取できる

 

上記のように安全性も高く、外出する30分前に1カプセルを飲むだけなので難しくありません。

 

シミのない状態をキープして肌のハリを維持するサポートをしてくれるので、身体の内側からUV対策を始めたい方はヘリオケア・ウルトラDカプセルを飲んでみましょう。

 

「ヘリオケア・ウルトラDカプセル」を最安値で購入できるショップはこちら。Check!

 

ヘリオケア・ウルトラDカプセルを飲む上での注意点は?

ヘリオケア・ウルトラDカプセルは、医薬品ではなくサプリメントなので副作用がなくデメリットも特にありません。

 

しかし、飲む日焼け止めを摂取するに当たって幾つかの注意点があります。

 

・体質に合わずに肌へと異常が出た場合は摂取を中止する

・毒性はないが妊娠中や授乳中の女性は避ける

・どんなに多くても2時間~3時間に1回のペースで飲む

 

「飲めば飲むほど比例した効果が得られる」という製品ではないので、用法や用量はしっかりと守ってください。

 

ヘリオケア・ウルトラD の体験談

【ヘリオケア・ウルトラD】半年続けた効果と口コミ

【ヘリオケア・ウルトラD】日焼けと風邪の予防に効果アリ!

 

4位 ヘリオケア・アンチオキシダント

  • 価格: 3,368 円 (60 錠)
  • 56 円 / 日 (1 日 1 錠のとき)
  • 1 日あたりの有効成分: 240 mg (フェーンブロック)

有効成分はヘリオケア・ウルトラDカプセルの半分ですが、圧倒的なコスパの良さが魅力的です。

日差しに多く晒されるわけではなく、日常の紫外線対策に使用したい方にはオススメの製品です。

 

ヘリオケア・アンチオキシダントはシダ科の植物由来の成分で日焼けによるダメージを防いでくれるナチュラルアンチエイジングサプリです。

 

「アンチオキシダント=抗活性酸素」を指し、メラニンを生成する原料となる活性酸素を除去するように身体の内側からサポートしてくれます。

 

他のヘリオケアシリーズと同じようにFernBlock(フェーンブロック)を含み、どのような効果や特徴があるのかまとめてみました。

 

・民間療法の血液浄化(クレンジング)剤として古くから飲まれてきた

・ハーバード大学医学部による臨床試験で安全性の高さが証明されている

・紫外線による影響で体内に発生したフリーラジカルを破壊する

 

現在ではフェーンブロックとニュートロックスサンの2種類のみが飲む日焼け止めの効果を実証しており、ヘリオケア・アンチオキシダントはその一つです。

 

ただし、ヘリオケア・ウルトラDカプセルと比べるとFernBlock(フェーンブロック)の含有量が半分というデメリットがあるため、紫外線の防御効果は下がります。

 

そのため、海水浴やプールなどレジャーでの使用ではなく、日常生活での日焼け対策として使うのが良いでしょう。

 

他のサプリミントと併用したり、ジェルやクリームによるスキンケアと合わせてヘリオケア・アンチオキシダントを飲んでみてください。

 

「ヘリオケア・アンチオキシダント」を最安値で購入できるショップはこちら。Check!

 

塗るジェルタイプの併用が効果的

サプリメントだけではなく、塗るジェルタイプとの併用が紫外線対策には効果的です。

 

飲む日焼け止めだけでは完全に紫外線を除去することはできず、「肌に一切の悪影響がない」とは言い切れません。

 

そこで、同じヘリオケアシリーズのジェルタイプの日焼け止めの併用をおすすめします。

 

・毛穴に詰まらないヘリオケアウルトラジェル

・オイル不使用で肌に素早く馴染むヘリオケア カラーハイドラジェル

 

上記の2つの製品が用意されており、身体の内側とスキンケアの両方で紫外線を完全防御しましょう。

 

ヘリオケア・アンチオキシダントの体験談

【ヘリオケア・アンチオキシダント】スキンケアはこれ1本!

【ヘリオケア・アンチオキシダント】子育ての必需品です!!

 

5位 ヘリオケア・ウルトラ

  • 価格: 4,047 円 (30 錠)
  • 134 円 / 日 (1 日 1 錠のとき)
  • 1 日あたりの有効成分: 480 mg (フェーンブロック)

ヘリオケア・ウルトラはヘリオケアシリーズの飲む日焼け止めの一つです。

 

「ウルトラ」と名が付いているだけあり、UV保護作用を持つFernblock(フェーンブロック)に加えて抗酸化作用の高いビタミン類も同時に含まれています。

 

・特許成分が紫外線によって発生した肌の老化を引き起こす活性酸素をやっつける

・ビタミンCやビタミンEの働きによって皮膚の保護作用が更に増幅する

・皮膚の免疫機能や細胞内のDNAを保護してダメージを防ぐ

 

上記のような効果が期待でき、ヘリオケア・ウルトラを飲み続けるだけで身体の内側から作用してシミの元を根本から抑制してくれるのです。

 

中でも主成分のFernblock(フェーンブロック)は光老化と皮膚癌に最も危険な紫外線A波(UVA)から肌を守ってくれます。

 

・窓ガラスを通過するほど強力なUVA

・オゾン層や雲に遮られるUVB

・オゾン層を通過することができないUVC

 

紫外線はこの3種類に分けられ、強力なUVAをいかに対処するかが重要だと言っても過言ではありません。

 

元々肌質が弱い人ほど紫外線による悪影響を受けやすいので、季節に関わらずヘリオケア・ウルトラを飲んで若々しい肌をキープしましょう。

 

「ヘリオケア・ウルトラ」を最安値で購入できるショップはこちら。Check!

 

6位 ヘリオケア・カプセル

  • 価格: 4,092 円 (60 錠)
  • 68 円 / 日 (1 日 1 錠のとき)
  • 1 日あたりの有効成分: 240 mg (フェーンブロック)

ヘリオケア・カプセル(HeliocareCapsulesOral)はヘリオケア・ウルトラDカプセルと同じで、スペインのCantabria社から製造されています。

 

同じヘリオケアシリーズの飲む日焼け止めですが、配合されている成分が異なるのが特徴です。

 

ビタミン類の配合量が少なくなっているものの、特許成分であるFernblock(フェーンブロック)が入っているので以下のような効果が期待できます。

 

・紫外線によるメラニンの生成やDNAの損傷を予防する

・活性酸素の発生を抑えてシミやそばかすの元を抑制する

・ランゲルハンス細胞の減少を防いで肌の免疫細胞を活性化させる

・肌の回復力を高めて皮膚ガンを予防する

 

塗る日焼け止めでは防ぎきれない紫外線の対処に繋がりますし、塗り忘れる心配がない」「塗りムラを気にする必要がない」「汗による影響が一切ないというのが大きなメリットです。

 

既にニキビができていても敏感肌でも安心して使用できるので、毎日のUV対策の中にヘリオケア・カプセルを取り入れてみてください。

 

「ヘリオケア・カプセル」を最安値で購入できるショップはこちら。Check!

 

ヘリオケア・カプセルの正しい飲み方は?

ヘリオケア・カプセルは化学薬品を一切使用しておらず、アトピーや白班の治療にも使われているので安心です。

 

それでも、飲む日焼け止めは正しい飲み方で続けてこそ大きな効果を発揮するので、どのように飲めば良いのかチェックしておきましょう。

 

・外出前など紫外線を浴びる30分前を目安に1カプセルを飲む

・持続時間は4時間~6時間と長いが、長時間日光を浴びる時は3時間~4時間で1粒を追加する

・確実に紫外線のダメージを防ぐにはクリームやジェルとの併用が効果的

 

特にクリームとの併用で紫外線のカット効果は高くなるものの、ヘリオケア・カプセルは妊娠中や授乳中の女性は飲めないというデメリットがあるので注意が必要です。

 

ヘリオケアに副作用はある?

オランダ屋での販売ページを見てみると、

「現在のところ副作用の報告はありません」と記載されていました。

 

天然の成分なので安全性が高く、内服薬とは違ってサプリメントには副作用のリスクがないのです。

 

しかし、このサプリメントの中には以下の添加物が入っています。

 

・コーンスターチ(Cornstarch)

・ゼラチン(Gelatin)

・ステアリン酸マグネシウム(Magnesium Stearate)

・二酸化チタン

 

添加物による影響でアレルギー症状を引き起こすこともあるので、自分の肌の状態を良く確かめながら摂取していきましょう。

 

ヘリオケア・カプセルの体験談

【ヘリオケア・カプセル】子供の日焼け対策にピッタリでした!

 

7位 ホワイトヴェール

WHITE VEIL~ホワイトヴェール~

  • 価格: 7,560 円 (60 錠)
  • 252 円 / 日 (1 日 2 錠のとき)

 

ホワイトヴェールは身体の内側から紫外線をカットできる飲む日焼け止めで、発売されてから人気女性誌やキュレーションサイトで注目の紫外線対策として紹介されました。

 

・刺激の強い日焼け止めクリームを塗らずに済むのはありがたいです

・「最近肌が白くなってきたね」と友達から言われました

・いつも肌をサラサラの状態でキープできるのが嬉しいです

 

こういった口コミの評判を得ており、小さなサプリメントを2粒飲むだけで終わりです。

 

たったこれだけの対策で済むのはホワイトヴェールの中にニュートロックスサンと呼ばれる成分が含まれているからで、どのような働きをしてくれるのか見ていきましょう。

 

・ビタミン類と同じように強力な抗酸化作用を持っている

・身体の酸化を防いで老化の原因となる活性酸素を抑制する

・肌へと行き渡る紫外線のカットにも役立つ

 

シトラスローズマリーから抽出された天然ポリフェノールなので安全性が高く、アレルギーを発症するリスクがあるポリポディウムリュウコトモス系よりも身体への負担が少ないのがメリットです。

 

ニュートロックスサンだけではなく、ホワイトヴェールには女性ホルモンのエストロゲンを活性化させるザクロや光の影響で発生する活性酸素を抑えるマリーゴールドなど、女性に嬉しい成分も入っています。

 

「初めて飲むからどんなサプリメントなのか分からない」という方のために、980円のお試しパックが用意されているので公式サイトで詳細を確認してみてください。

 

飲むだけ簡単!太陽に負けないサプリ【ホワイトヴェール】Check!

 

ホワイトヴェールにデメリットはある?

ホワイトヴェールは美と健康に期待が持てるサプリメントなので危険性はありません。

 

しかし、飲む日焼け止めとして代表的なヘリオケアと比べると、以下のデメリットがあります。

 

・皮膚科で処方されるほど代表的な飲む日焼け止めではない

・飲み忘れていると紫外線カットの効果が期待できない

・妊娠中や授乳中は飲むことができない

 

また、個人の体質によってはアレルギーとなる成分が含まれていることもあるため、ホワイトヴェールを飲む前に全成分をチェックしておきましょう。

 

8位 雪肌ドロップ

雪肌ドロップ

  • 価格: 7,900 円 (60 錠)
  • 263 円 / 日 (1 日 2 錠のとき)

 

雪肌ドロップも他の飲む日焼け止めと同じように、シトラス果実ローズマリーから抽出されたニュートロックスサンが入っています。

 

・活性酸素をコントロールして活動を抑制する

・紫外線による肌の炎症を抑える

・既に日焼けした肌のダメージを抑える

・体内で作られる唯一のビタミンのビタミンDを守る

 

ニュートロックスサンには上記の効果が期待でき、スペインでの研究によって紫外線保護作用が60%もあることが分かりました。

 

雪肌ドロップを1粒~2粒飲むことで身体の内側から作用させられますし、クリームを塗っても日焼けする」「これ以上シミを増やしたくないといった女性におすすめです。

 

他にも、雪肌ドロップのおすすめポイントを見ていきましょう。

 

・加齢によって体内から減少していくコラーゲンやビタミンC誘導体などの美容成分を補給できる

・肌へと潤いを与えて乾燥肌を改善するN-アセチルグルコサミンが含まれている

・レモンやグァバ、ホーリーバジルなど綺麗でいたいと願う女性に必要なハーブエキスを含む

・医薬品レベルの工場で徹底した品質管理の下でサプリメントが製造されている

 

ヘリオケアシリーズと比べて、美容成分や栄養素の配合量が多いところがメリットです。

 

初めて飲み始める方のために、おためし定期コースであれば初回に限り1袋7,900円のところ1,980円74%OFFで購入できるので、毎日のUV対策として雪肌ドロップを使ってみてください。

 

飲む日焼け止めサプリ【雪肌ドロップ】Check!

 

雪肌ドロップにデメリットはある?

雪肌ドロップはサプリメントなので安心して飲み続けられるものの、幾つかのデメリットがあります。

 

・初回1,980円のおためし定期コースは購入と同時に2回目以降の停止ができない

・2回目以降は6,480円なのであまりコストパフォーマンスが良くない

・原材料の一部にゼラチンやカニ、エビが含まれているので甲殻類アレルギーの人は注意が必要

 

小学生以上であれば日焼け対策として飲み続けられると公式サイトでは記載されていました。

しかし、アレルギーとなる原材料が入っているので、摂取する前に全成分や添加物を確認しておきましょう。

 

雪肌ドロップの体験談

【雪肌ドロップ】塗るタイプとの併用で、日焼け知らずになりました

【雪肌ドロップ】ランニングの日焼け対策に役立ちました!

 

9位 P.O.L.C.(ポルク)

飲む日焼け止めサプリP.O.L.C.(ポルク)

  • 価格: 9,800 円 (60 錠)
  • 326 円 / 日 (1 日 2 錠のとき)
  • 1 日あたりの有効成分: 100 mg (ニュートロックスサン)

 

P.O.L.C.(ポルク)はアメリカやフランスで第1位を獲得した飲む日焼け止めです。

 

話題の成分が濃縮されており、決められた量の摂取で簡単に全身をケアできることで注目を集めました。

 

なぜP.O.L.C.(ポルク)で日焼け対策に繋がるのか、含まれている成分について詳しく見ていきましょう。

 

ニュートロックスサン:活性酸素をコントロールする働きを持ち、1粒で50㎎と含有量が非常に多い

ウォーターコラーゲン:肌のハリや弾力の維持に欠かせず、肌への馴染みが良い

リコピン:トマトの中に入っている栄養素で高い抗酸化力を持っている

ザクロ抽出物:ビタミン類やアミノ酸が豊富に含まれている

クロセチン:天然の黄色い色素でビタミンに負けない抗酸化力を持つ

 

「世界が認めた夏のサプリ」と高い評価を得ており、日焼け止めを塗らないとシミの原因になるけどベタベタするのが嫌だと考えている女性におすすめです。

 

・化粧ノリが以前よりも良くなりました

・肌の潤いが増したような気がします

・肌荒れも防いでくれるので嬉しいです

 

こういった口コミが多く、P.O.L.C.(ポルク)の利用者の満足度は91%と高い数値を残しています。

 

定期購入の初回に限り、サプリメントに加えて肌に優しいオーガニック処方の日焼け止めローションがプレゼントされるので、P.O.L.C.(ポルク)の公式サイトで詳細をチェックしておきましょう。

 

ニュートロックスサン配合!飲む日焼け止めサプリ「P.O.L.C.(ポルク)」Check!

 

P.O.L.C.(ポルク)は料金が高いのがデメリット

P.O.L.C.(ポルク)の中には日本だけではなく、世界的にも認められた日焼け止め成分のニュートロックスサンが入っています。

 

臨床試験で紫外線を防ぐ効果が高まっていることが証明されていますが、他のサプリメントと比較して料金が高めに設定されているのがデメリットです。

 

・通常価格は60粒入りで9,800円

・定期購入コースでも6,980円

 

このようにコスパはあまり良くないので、「安い価格でお手軽に日焼け対策がしたい」と考えている女性はヘリオケアシリーズや[BIHAKUEN] UV シールドを飲んでみてください。

 

飲む日焼け止めの効果的な摂取方法は?

以上のように、8種類の飲む日焼け止めのおすすめランキングをまとめてみました。

 

どの製品の中にも効果が立証されているニュートロックスサンフェーンブロックが含まれており、毎日の食生活では補給できないのでサプリメントに頼るべきです。

 

しかし、正しい摂取方法で続けていなければ飲む日焼け止めの効果を最大限に活かすことはできません。

 

どのような飲み方を心掛ければ良いのか以下ではご説明しているので、日焼け対策を始める前にチェックしておきましょう。

 

・直ぐに有効成分が体内へと行き渡るわけではないので日光に当たる30分前を目安に飲む

・海やプールなど日差しの強い場所へと足を運ぶ場合は、数時間置きに1粒を追加する

・日焼けをしてしまった後の応急処置として飲んで肌へのダメージを防ぐのも選択肢の一つ

・海水浴や野外スポーツの予定が決まっている場合は、1週間前から飲んで紫外線による肌の炎症を防ぐ

 

サプリメントは飲む量に比例して効果が高まるわけではありません。

 

それでも、場合によっては1粒だけでは足りないことがあるので、必要に応じて追加して念入りな紫外線対策を行ってください。

 

飲む日焼け止めと塗る日焼け止めを併用しよう

徹底的に紫外線から肌を守ってシミやシワを防ぎたいのであれば、飲む日焼け止めと塗る日焼け止めを併用しましょう。

 

・飲む日焼け止めで身体の内側から活性酸素を除去するサポートを行う

・塗る日焼け止めで身体の外側から紫外線が肌へと当たるのを防ぐ

 

上記のようなケアで確実な日焼け対策が期待でき、どちらか一つの方法に拘る必要はありません。

 

飲む日焼け止めは太陽からの紫外線が肌へと届くのをブロックしてくれるアイテムではないので、直接的に抑えるにはクリームやジェルも十分に役立つのです。

 

・顔用なのかボディ用なのか製品の用途を確認する(皮膚によって薄さや皮脂量が異なるため)

・紫外線から肌を守る指標のSPFやPAの数値はシーンに合わせて選ぶ

・肌質が弱い方は化学原料である紫外線吸収剤を含まないノンケミカルの製品を選択する

 

こういった選び方で自分に合った日焼け止めを購入し、美肌のケアを毎日の生活に取り入れてみてください。

-その他

Copyright© 「高級コスメ」使ってみたっ!! , 2018 All Rights Reserved.